3sheeep

子羊たちとママの日記。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ 9か月・10か月TOPmaternity ≫ 9か月・10か月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

9か月・10か月


妊娠記録④

 9か月ころ

 やっとお休みに入って、ゆっくりできる~と思ったら、
 ひどい恥骨痛に悩まされ。。。
 手で押さえないと痛くて歩けない、という状態が1週間くらい続いて、
 週末旦那様が帰って来たタイミングで、とうとう歩けなくなりました。
 恥骨が痛いなんて…女子力の限界です…

 平日は子供たちと一緒に3人で布団でごろ寝、
 週末は旦那様と一緒にベッドで伸び伸び寝まくり、という生活だったんですが、
 どうもベッドが、ダメみたいでした。

 とにかく助産院では、恥骨痛は骨盤のせい、締めなさい!
 と注意を受けたので、日中はトコちゃんベルトをつけて、
 布団で寝る、という生活をすると、2日くらいで痛みは引きました。

 お腹がだいぶん大きくなってきたので、
 トイレで手が届きにくいな、とかw
 食後は「皮が割ける~」ってくらいパンパンになったり、
 どんな体勢で寝ても胃が圧迫されてしんどかったり、
 寝ている間に、肋骨が痛くて(子宮につぶされて)目が覚めたり。

 夜中になると、子宮がキュ~~~って収縮するので、
 いやだな、こんな時間に陣痛が来たら、この横で熟睡してる子たちをどうやって
 起こしたらいいんだろう。。。と悩んでみたり。

 朝がいいな、このくらいの時間がいいな?とmioに話しかけて。
 やたら眠いんですよね~。

 おなかは重いし、恥骨は痛いし、保育園はほぼおさぼり状態…
 tachuの時には楽しめたハンドメイドも、まーったく手付かずが続き。
 休むための産休なのよ~、とゴロゴロしてました。

 35週になる週に、医大で後期検査を受けました。
 そこで許可が出たら無事助産院で産めることになるのですが…
 あいにく、年末年始のため医大は患者殺到、
 ただでさえ3時間待ち当たり前なところなのですが、
 私は10:30の予約で16:00診察。
 いつも家でゴロゴロ星人にはキツイ時間でございました…(*_*)
 やっぱり大病院は変だ、こんなとこの世話にならない人生を送りたい。
 と新年を迎える前に強く決意。

 で、新年はほかの記事にも書きましたがぼっちでした。
 子供たちいないけど、mioはお腹の中にいるんだから!
 と自分をつき動かして三食食べてました。
 ほんと、食欲なかっです。

 年明け、医大に検査結果を聞きに行くまでは助産院で産めないので、
 週数としては37週に入りましたが、まだですよー!
 と言い聞かせる毎日。


10ヶ月ごろ

 1月6日に、無事待ち時間ゼロで医大の検査結果通知が終わり、
 るんるんで助産院に報告。
 tachuのときに出たB型溶連菌も、貧血も出ませんでした!
 イブにKFCを我慢してひじきを食べた甲斐がありました!

 37週の後半辺りから、少し体が軽くなって、たくさん食べられるように。
 mioが下がってきてるんだなーと感じられるようになりました。
 恥骨痛も、子宮の嫌な収縮も感じられなくなり、胎動もこころなしか少なめに。
 今思えば、本当に辛くて動けなくて食べられなかったのは2週間程度なんですね。

 そして、38週に入ってすぐ、私より3日前が予定日だった先輩が出産報告を!
 もう私もいつ産まれてもおかしくないんだー、と急に実感。

 haruにカレンダーを見せて、この日にはもう産まれてるよ~とか話したり。

 リアルに生活を想像して、部屋の模様替えやら
 あちこち買い物に行ったり、先輩への出産祝いを物色したり。
 けっこう動いたので、赤ちゃん産まれちゃうかもよ?
 とビビりつつもなんの兆しもなく。

 38週の検診で、赤ちゃんは推定2800g
 まだ子宮口は開いていないし、
 赤ちゃんの位置としてはまだだろう、と言われ
 その帰りにお祝いを持って先輩の所へ。

 かわいい赤ちゃんをたくさん見て、いつもは会えない人にも会って、
 久々にお友達とランチもできて、リフレッシュできたから、でしょうか。
 翌日、急に陣痛が始まりました。
 
  →長いので出産経過へ続きます
maternity | Comments(-) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。